主要論文

 

Matsumoto, Yo. 準備中. Linguistic representations of Visual motion: A crosslinguistic experimental study. ダウンロード
 
Matsumoto, Yo. 近刊. Neutral and specialized Path coding: Toward a new typology of Path coding devices and languages. ダウンロード
 
Matsumoto, Yo. 近刊. The semantic differentiation of V-te V complexes and V-V compounds in Japanese.
 
Akita, Kimi and Yo Matsumoto. 近刊. A fine-grained analysis of manner salience: Experimental evidence from Japanese and English. ダウンロード
 
松本 曜. 2018. 認知言語学の意味観はどこが独自なのだろうか? 高橋英光・野村益寛・森雄一(編)『認知言語学とは何か:あの先生に聞いてみよう』45-59. 東京:くろしお出版.
 
松本 曜・陳 奕廷. 2018. 「泣く」 :複合語を手がかりとしたフレーム意味論的分析. 『神戸言語学論叢』11: 50-57. ダウンロード
 
Matsumoto, Yo. 2018. Motion event descriptions in Japanese from typological perspectives. Taro Kageyama and Prashant Pardeshi (eds.), Handbook of Japanese Contrastive Linguistics. 273-289. Berlin: De Gruyter.
 
Matsumoto, Yo, Kimi Akita, and Kiyoko Takahashi. 2017. The functional nature of deictic verbs and the coding patterns of Deixis. Iraide Ibarretxe-Antunano (ed.), Motion and Space across Languages: Theory and applications. 95-122. Amsterdam: John Benjamins.
 
松本 曜. 2017. 移動表現の類型に関する課題. 松本 曜(編)『移動表現の類型論』1-24. 東京:くろしお出版 .
 
松本 曜. 2017. 英語における移動事象表現のタイプと経路表現. 松本 曜(編)『移動表現の類型論』25-38. 東京:くろしお出版 .
 
松本 曜. 2017. 日本語における移動事象表現のタイプと経路表現. 松本 曜(編)『移動表現の類型論』247-274. 東京:くろしお出版.
 
松本 曜. 2017. 移動表現の性質とその類型性. 松本 曜(編)『移動表現の類型論』337-353. 東京:くろしお出版.
 
吉成 祐子, 眞野 美穂, 江口 清子, 松本 曜. 2016. 第二言語における移動事象の言語化 : 日本語話者が用いる英語とハンガリー語の研究. Studies in language sciences : The Journal of the Japanese Society for Language Sciences 15: 142-174 .
 
Matsumoto, Yo. 2016. Phonological and Semantic Subregularities in Noncausative – Causative Verb Pairs in Japanese. Taro Kageyama & Wesley Jacobsen (eds.), Valency and Transitivity Alternations: Studies on Japanese and Beyond. 51-88. Berlin: De Gruyter.
 
松本 曜. 2014. 日本語の空間移動表現 : 通言語的実験から捉える. 『国語研プロジェクトレビュー』 4(3): 191-196.
 
松本 曜. 2011. 作例と内省による研究例1. 中本敬子・李 在鎬 編(編)『認知言語学研究の方法』131-147. 東京:ひつじ書房.
 
松本 曜. 2010. 多義性とカテゴリー構造. 澤田治美(編)『語・文と文法カテゴリーの意味』 23-43.
 
秋田喜美・松本 曜・小原 京子. 2010. 移動表現の類型論における直示的経路表現と様態語彙レパートリー 『レキシコンフォーラム』5: 1-25.
 
Matsumoto, Yo. 2010. Aspects of the Semantics of Logophoricity: Comparison of Malayalam with Yoruba and Japanese. Uyechi, Linda Ann and Lian-Hee Wee (eds.), Reality Exploration and Discovery: Pattern Interaction in Language and Life. 269-284. ダウンロード
 
松本 曜. 2010. 英語反義語における「反義語らしさ」の決定要因. 岸本秀樹(編)『ことばの対照』 95-107. 東京:くろしお出版.
 
松本 曜・原 佐英子・夏池大介. 2010. 地形的環境と空間参照枠の使用:神戸における調査から. Kansai Linguistic Society : Proceedings of the Annual Meeting of the Kansai Linguistic Society : KLS 30: 13-24.
 
松本 曜. 2009. 複合動詞「〜込む」「〜去る」「〜出す」と語彙的複合動詞のタイプ. 由本陽子・岸本秀樹(編)『語彙の意味と文法』 175-194. 東京:くろしお出版.
 
 
松本 曜. 2008. 空間移動の言語表現とその類型. 『言語』 37(7), 36-43.
 
松本 曜. 2007. 英語反義語の認知意味論的考察 (西光義弘教授還暦記念号).『神戸言語学論叢』 5: 125-130.
 
松本 曜. 2006. 経路の多様性と移動表現のタイポロジー. Proceedings of the Annual Meeting of Kansai Linguistic Society 26: 461-461.
 
松本 曜. 2004. 新改訳聖書と新共同訳聖書における文末語形と照応表現 : 日本語としての適切性の検討. 『キリストと世界 : 東京基督教大学紀要』14: 133-161.
 
松本 曜. 2004. 日本語の視覚表現における虚構移動. 『日本語文法』 4(1): 111-128.
 
 
Matsumoto, Yo. 2003. Typologies of lexicalization patterns and event integration: Clarifications and reformulations. Shuji Chiba et al. (eds.), Empirical and Theoretical Investigations into Language: A Festschrift for Masaru Kajita. 403-418. ダウンロード
 
松本 曜・Dan I. Slobin. 2002. 移動事象を表す言語表現に関する文献目録. 『明治学院論叢』684: 83-158.
 
松本 曜. 2002. 使役移動構文における意味的制約. 西村義樹(編)『認知言語学1:事象構造』187-211.
 
松本 曜. 2001. 新改訳聖書と新共同訳聖書における二人称の扱い : 日本語としての適切性の検討. 『キリストと世界 : 東京基督教大学紀要』11: 73-100.
 
松本 曜. 2001. コウビルド・コーパスと英和辞典における二重他動詞:getなどの取得を表す動詞を中心に. 『明治学院大学外国語教育研究所紀要』11: 29-43.
 
松本 曜. 2000. 「教える/教わる」 などの他動詞/二重他動詞ペアの意味的性質. 山田進・菊地康人・籾山洋介(編)『日本語 意味と文法の風景:国広哲弥教授古稀記念論文集』79-95. 東京:ひつじ書房.
 
松本 曜. 2000. 日本語における他動詞/二重他動詞ペアと日英語の使役交替. 丸田忠男・須賀一好(編)『日英語の自他の交替』167-207. 東京:ひつじ書房.
 
Matsumoto, Yo. 2000. On the crosslinguistic parameterization of causative predicates: Implications from Japanese and other languages. Miriam Butt and Tracy H. King (eds.) Argument Realization, 135-169. Stanford, CA: CSLI Publications.
 
Matsumoto, Yo. 1999. On the extension of body-part nouns to object-part nouns and spatial adpositions. Fox, Barbara, Jurafsky, Dan and Michaelis, Laura A. (eds.) Cognition and Function in Language, 15-28. Stanford, CA.: CSLI Publications.
 
松本 曜. 1999. コウビルド・コーパスと英和辞典におけるspray/load交替.『明治学院大学外国語教育研究所紀要』 9: 23-35.
 
松本 曜. 1998. 日本語の語彙的複合動詞における動詞の組み合わせ『言語研究』 114: 37-83.
 
 
Matsumoto, Yo. 1996. How abstract is subjective motion?: A comparison of coverage path expressions and access path expressions.  Adele E. Goldberg (ed.) Conceptual Structure, Discourse, and Language, 359-373. Stanford, CA: CSLI Publications.
 
Matsumoto. Yo. 1996. Subjective-change expressions in Japanese and their cognitive and linguistic bases. Gilles Fauconnier Eve Sweetser (ed.) Spaces, Worlds, and Grammar, 124-156. Stanford, CA: CSLI Publications.
 
Matsumoto, Yo. 1996. A syntactic account of light verb phenomena in Japanese. Journal of East Asian Linguistics 5(2): 107-149.
 
Matsumoto, Yo. 1996. Subjective motion and English and Japanese verbs. Cognitive Linguistics 7(2): 183-226.
 
Matsumoto, Yo. 1995. A Semantic Constraint on the Argument Structure of Japanese Verbs. 『明治学院論叢』 568: 13-39.
 
松本 曜. 1995. 前置詞と文法化 : その一般的特性とコラ語「前置詞」. 『キリストと世界 : 東京基督教大学紀要』 5: 1-15.
Matsumoto, Yo. The conversational condition on Horn scales. Linguistics and Philosophy 18(1): 21-60.
 
 
松本 曜. 1991. 日本語類別詞の意味構造と体系 : 原型意味論による分析. 『言語研究』 99: 82-106.
 
松本 曜. 1989. 英語音知覚に於ける語彙ストラテジーの発達的変化. Sophia Linguistica : Working Papers in Linguistics 27: 217-226.
Matsumoto, Yo. 1988. From bound grammatical markers to free discourse markers: History of some Japanese connective. Proceedings of the Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society 14: 340-351.
 
Matsumoto, Yo. 1988. The Japanese Classifier -ken and -mune : A Prototype and Background of Existence. Sophia Linguistica  23/24: 19-29.
 
Matsumoto, Yo. 1986. The Japanese classifier –hon : A prototype-semantic analysis. Sophia Linguistica : Working Papers in Linguistics 20/21: 73-81.
 
Lobo Felix and Matsumoto Yo. 1986. A study of returnee students at Sophia University with special reference to word association test. 大学英語教育学会紀要 17: 117-142.
 
松本 曜. 1984. 助数詞の意味習得について.  F. C. パン・秋山高二・近藤富英 (編) 『言語のダイナミックス』 194-206. 文化評論出版.
 
Matsumoto, Yo. 1985. Acquisition of some Japanese numeral classifiers: The search for convention. Papers and Reports on Child Language Development 24: 79-86.
WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。